【小説】盲目的な恋と友情

こんにちは!嫁ちゃんです( ´ ▽ ` )ノ📚✨

今回は辻村深月先生の
盲目的な恋と友情 (新潮文庫)」を紹介していきます。

盲目度:★★★★★
純愛度:☆☆☆☆★
ほんわか度:☆☆☆☆☆
サクサク度:☆☆☆☆★
ドロドロ度:★★★★★
どんでん返し度:☆★★★★

今まで読んできた辻村深月先生の作品と比べると
かなりドロドロしていて、人の醜い部分がこれでもか!というくらい
あふれだしている作品です。
読んでる途中で、あれ?名前似ているけど違う作家さんかな?と思ったくらいです。
恋?と友情を描いた作品なのですが、女の嫌~な部分がすごく嫌~な感じで描かれています。
やけにリアルで、一緒に胸が苦しくなったり、どうしようもないやつだな~と思ったり。

昼ドラが好きな人にはオススメかもしれない一冊です。

続きからはネタバレ含みます。

辻村深月先生の作品で、オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)
という作品があるのですが
青春と厨二病を描いた、なんとも気恥ずかしいけど甘酸っぱい作品でとても好きだったので
今回もそんな甘酸っぱい感じなのかな😊💛と期待していただけに
ドロドロ展開すぎて若干ショックでした。。。

みんなどこか
平凡なお前らとは違って私は特別なんだ!
みろ!!こんなにすごいんだぞ!!!!!
って叫んでいるような必死さが出ていて
それなのに、そこまで自信を持てなくて薄暗い気持ちになっていって
卑屈な感情を常に抱いてしまう。。。
そんな登場人物が目立ったように感じました。

相手の感情を勝手に決めつけて展開が進んでいくのも気になりました。

マウンティング女子ってやつですかね~
もう超リアル。身近にこういうマウンティングな人いるいる~~~

物語が前編と後編で分かれていて、それぞれの視点から描かれているのは面白かったです!
相手の感情を決めつけて物語が進んでいくので
前編と後編で同じ場所にいた二人でも、まったく違う物語になってるのがよかったですね~
捉え方で、事柄ってまったくかわるんですよね。
このことを描きたかったから、登場人物がとても盲目的だったんでしょうか。
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪(一人納得)

今までの辻村深月先生の作品は爽やかさにあふれたものが多かったのですが
こういう作品も今後は書かれていくんでしょうかね。

個人的には爽やか青春物が読みたいです!!!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!