【小説】こんなわたしで、ごめんなさい

こんにちは!嫁ちゃんです( ´ ▽ ` )ノ📚✨

今回は平安寿子先生の
こんなわたしで、ごめんなさい (実業之日本社文庫)」を紹介していきます。

女女度:🌟🌟🌟🌟🌟
気軽度:🌟🌟🌟🌟🌟
サクサク度:🌟🌟🌟☆☆
コメディ度:🌟🌟☆☆☆

まず注目なのが、この凄まじき表紙のイラストです。
なんだこのおばちゃんは…
なんだこのおばちゃんは…!!!!!

帯には
愛とか恋とか友情とか……
悩む前に読んでみて。
女のホンネ全開。名手の痛快コメディ集
面白さぶっ飛び‼

と書かれています。
短編の物語が7つ収録されている小説で、すべての物語の主人公が女性です。
恋に仕事に人生に悩む女性が主人公で、悩みに立ち向かったり、負けそうになったりしながらも
人生を切り開いていくような小説です。

それなりにサクサク読めて、人の人生をのぞき見したような気持ちになれます。
文章はかなり読みやすいです。
面白さぶっ飛び‼というよりは、シニカルな感じでした。

結婚のことについてかなり辛辣に描写されているところが多く
リアリティを感じました。婚活こわや。
結婚についての描写で、主人公の焦燥感が出ているところがかなりリアルというか
一緒になって焦る気持ちになります。。。
ただ、主人公たちは最後にはかなり前向きな方向へ進んでいくので私もがんばろ~っとという読了感が得られます!
本当にその決断でいいの?!
と思うような話もありましたが笑

私が特に、ほほう・・・!となったお話は
「episode2 どうか小さな幸せを」です。
これは、巨乳の女性が主人公の巨乳にまつわる悩みが果てしない!というお話です。
巨乳ってすげー!くらいの気持ちしかなかった私ですが
このお話を読んで、巨乳の女性って人生大変なんですね。。。という気持ちになりました。
巨乳は肩が凝るという話はよく聞いたことがあるんですが
肌が荒れたり、寝るときの姿勢、かわいい下着がない、服が似合わない
不躾な視線や、同性からの決めつけなどなど・・・

リアリティがありすぎると思ったんですが
自分が巨乳ではないため真偽のほどはわからず・・・!
巨乳の方、共感できるお話なのか教えてほしいです笑

冒頭でもちょっと触れましたが、表紙のおばちゃん。
このおばちゃんのエピソードもあります!
おばちゃんのエピソード読んだときに、もしかして表紙のイラストってこのおばちゃんなの?!
って気が付いた時が一番笑えました。
芯のあるおばちゃんの話で、勇気づけられるというか自分ももっと胸張って生きてかなきゃな!
って気持ちになれます( ´ ▽ ` )ノ

平安寿子先生のほかの作品を検索してみたら
ねむようこ先生が表紙を書かれている作品もあるんですね~!
ぜひ読んでみたいです!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!